2009年08月31日

海温上昇が原因?とんがりウニが大発生 隠岐

http://www.asahi.com/science/update/0829/TKY200908280455.html

 長いとげを持ち、刺されると強く痛むことで知られるウニの一種「ガンガゼ」が、島根県・隠岐で大発生している。地元の県立隠岐水産高と海中景観研究所が28日、潜水調査をした。

ガンガゼを調査する隠岐水産高校の生徒.jpg

ガンガゼを調査する隠岐水産高校の生徒=28日午後、島根県隠岐の島町、伊藤恵里奈撮影


 沿岸の水深3〜5メートルの海底に多数が群れ、大きなものは、とげの長さが20センチに達する。東京工業大の本川達雄教授によると、ガンガゼは熱帯域を中心に分布する南方系のウニで、海底の岩に付着した藻類などを手当たり次第に食べる。このため、大量に発生すると、海藻が生えにくくなるという。

 大津浩三・島根大教授は「10年ほど前にはほとんど姿がみられなかったが、近年急増している。越冬して繁殖しており、温暖化に伴う海水温の上昇が原因ではないか」と話している。


(´-`).。oO(また温暖化のせい・・・)
ラベル:温暖化

2009年08月30日

用水路に出た!オオサンショウウオ 兵庫・川西

http://www.asahi.com/national/update/0827/OSK200908270001.html

 国の特別天然記念物オオサンショウウオが26日午前7時ごろ、兵庫県川西市北部の東畦野(うねの)6丁目の用水路にいるのを住民が見つけた。近くの会社員菅生(すごう)浩司さん(63)が捕獲、おけに入れて猪名川町役場に車で届けた。オオサンショウウオの生息状況を調べている県自然保護協会神戸支部長の大沼弘一さん(47)が駆けつけて確認した。

用水路で見つかったオオサンショウウオ=川西市東畦野6丁目.jpg

用水路で見つかったオオサンショウウオ=川西市東畦野6丁目


 体長72センチ、体重2.75キロ。発見場所は一庫大路次川と初谷川の合流地点近くで、この時期、繁殖活動のため上流に移動するという。大沼さんは「下流から用水路をつたって移動中だった可能性が高い」と話し、調査用のマイクロチップを埋め込んで一庫大路次川に放した。




(´-`).。oO(オオサンショウウオといえば・・・)




95歳サンショウウオ大往生
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200908110008.html

 国の特別天然記念物で、岩国市錦町の名物として飼われていたオオサンショウウオの「ふじちゃん」が死んだ。錦川観光協会によると、推定年齢95歳。死因は老衰とみられるという。

ふじちゃん.jpg

元気だったころの「ふじちゃん」=1993年7月(錦川観光協会提供)


 広瀬高校と錦川の間にある「オオサンショウウオの館」で暮らしていたふじちゃん。このほど、餌やりに来たシルバー人材センターの女性が死んでいるのに気付いた。

 ふじちゃんは当初、町内で呉服店を営む故堀江富士雄さん方の池で大正時代ごろから飼われていた。妻の静子さん(89)は「主人は自分で餌をやり、かわいがっていた」。1987年に堀江さんが72歳で亡くなると、錦川観光協会が引き取った。

 死骸(しがい)は山口県立山口博物館がもらい受けた。約半年後に骨格標本として展示される予定。同博物館は「自然の状態で死骸が見つかることはなく、山口博物館に骨格標本はない。貴重」と話している。




(´-`).。oO(長生きですね・・・)
posted by みずっち at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

色白サワガニ、曽我谷川で発見 亀岡 光当たらずに育つ?

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009082400054&genre=K1&area=K40

 京都府亀岡市曽我部町中の曽我谷川でこのほど、甲羅が灰色で、白いはさみを持つサワガニが見つかった。発見した男性は「こんな色のサワガニをみたのは初めて」と話している。

 男性は農業法貴孝志さん(69)=同町中=。友人の家族と一緒に自宅横の川に入り魚を捕っていたところ、水深約10センチの川底でサワガニを見つけた。

亀岡市の曽我谷川で見つかったサワガニ.jpg


 サワガニは甲幅約3センチでオスと見られる。甲羅は青みがかった灰色、はさみはほとんどが白色で左右で大きさが違った。法貴さんの孫で大井小6年の法貴衣織さん(11)は「驚いた。夏休みの宿題の材料に使いたい」と話していた。
 水生生物に詳しい丹波淡水魚研究会の仲田丞治会長(53)は「通常サワガニは赤っぽい色をしているが、光の当たらない環境で育つと色が薄くなることがある。珍しい」としている。



(´-`).。oO(カブトガニ色ですね・・・)
ラベル:変色個体
posted by みずっち at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。