2010年07月05日

ジャンボタニシ:水田にピンクの卵、繁殖防げ 稲食害、広まれば根絶困難 /滋賀

http://mainichi.jp/area/shiga/news/20100704ddlk25040259000c.html

 全国的に稲の食害が問題となっている外来種の巻き貝・スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)の繁殖期を迎え、水田が農地の9割を占める県内でも、鮮やかなピンク色の卵塊が目立っている。産卵後、2週間ほどで次々ふ化するため、県などは駆除を呼びかけている。

 南米原産の同貝はテニスボールほどになる大きさが特徴。1980年代に食用に輸入・養殖されたが普及せず、放置されて野生化した。稲への食害や周囲の生態系も破壊してしまうことから要注意外来生物に指定されている。最も被害の大きい九州では水田全体の6分の1で見つかるというやっかいものだ。

 県内では、かつて養殖業者がいた野洲市内から守山市内にかけて分布が集中している。ところが、彦根市でも見つかるなど市民が持ち帰り繁殖させてしまったとみられるケースもある。県自然環境保全課は「一度広まれば根絶はほぼ不可能。卵を見かけたら、はがしてつぶし、駆除するように」と、話している。

(毎日新聞 2010年7月4日)




(´-`).。oO(林先生・・・)
タグ:外来種
posted by みずっち at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 貝・イカ・タコ(軟体動物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155518447
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。