2010年07月06日

深海魚テンガイハタの幼魚…福井・坂井で見つかる

http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre2/20100630-OYO8T00424.htm

松島水族館 近く公開

 福井県坂井市の浜地海水浴場で、主に太平洋沖に生息する深海魚「テンガイハタ」とみられる幼魚の死骸が見つかり、近くの越前松島水族館(坂井市三国町崎)に持ち込まれた。同水族館は個体を標本にして近く公開する予定。

 テンガイハタの成体の全長は約2メートルで、平たい体と大きな目が特徴。生態はほとんど解明されていないという。

テンガイハタの幼魚.jpg

坂井市で見つかった「テンガイハタ」とみられる幼魚
(坂井市の越前松島水族館で)


 幼魚は27日、砂浜に打ち上げられているのを釣り人の親子が見つけた。体長は6.5センチで、体の表面は銀白色。幼魚にだけ見られる長いヒレがある。

 同水族館によると、県内の海岸では、冬場から春先にかけてテンガイハタやリュウグウノツカイなどの深海魚が打ち上げられることがあるが、幼魚は珍しいという。

(2010年6月30日 読売新聞)



(´-`).。oO(どういう経緯で流れてきたんでしょうね・・・)
ラベル:深海 稚魚
posted by みずっち at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。