2010年07月03日

都会の川に大型肉食魚 北米産・アリゲーターガー

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010070202000067.html

 東京都大田区を流れる呑(のみ)川で、北米原産の大型肉食魚アリゲーターガーが目撃されている。ワニのような顔をし、体長一メートル余だが、成長が早く三メートルになることもある。コイやフナなど在来種への影響も懸念される。

都会の川に大型肉食魚 北米産・アリゲーターガー.jpg


 大田区池上三の楽器会社に勤める音楽プロデューサー渡辺賢司さん(51)=横浜市=が先月二十日、望遠カメラで撮影に成功した。「川辺に人だかりができていたのでシャッターを押した。街中の川にこんなどう猛な魚がいたなんて」と驚く。
 呑川の環境改善に取り組む市民団体「呑川の会」世話人の菱沼公平さん(68)が、アリゲーターガーを見かけるようになったのは十年以上前。「今は三匹はいるようです」
 寒さに弱いが、呑川には下水処理水が流れ込んでおり、水温が比較的高く、越冬している可能性もある。
 都島しょ農林水産総合センターは「観賞用に輸入され、自宅の水槽で飼えなくなった人が多摩川などに捨てたとみられるが、最近の報告例は年間数件程度」という。
 菱沼さんは「呑川は水深が浅いので人目につきやすいのでは。最近は情報が広まり、川を探す人も多い」。大田区には捕獲要請も寄せられているが、「規制対象外の上、捕獲は容易ではなく、経費もかかる」と静観の構えだ。 

(2010年7月2日 東京新聞)


(´-`).。oO(あんなデカイ魚がいるのか・・・)
ラベル:巨大生物 外来種
posted by みずっち at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

千葉でコイヘルペスウイルス確認

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/chiba/100615/chb1006151914005-n1.htm

 千葉県漁業資源課は15日、千葉市若葉区の御成台公園内の池で7〜10日に発見された28尾のマゴイとニシキゴイの死(し)骸(がい)について、内水面水産研究所などの診断の結果、コイヘルペスウイルス病の発生が確認されたと発表した。
 同課によると、同病は人には感染しないが、コイには重大な被害を与えるといい、同課は釣ったコイや飼育しているコイを川などに放流しないよう呼びかけている。
 同課によると、同病はマゴイとニシキゴイに発生する病気で、発病すると行動が緩慢になったり、餌を食べなくなるという。県は今後、池のコイの取り上げなど、蔓延(まんえん)防止措置を同市と協議する。(2010.6.15 産経新聞)



(´-`).。oO(性病とはちがうんか・・)
ラベル:飼育
posted by みずっち at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

ブラックバス駆除に「卵の日干し」作戦

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20100530-OYT1T00149.htm
 福島県三春町の三春ダムで、特定外来生物ブラックバス(オオクチバス)の新たな駆除の取り組みが行われている。

 水位を段階的に下げることで、バスが浅瀬に産み付ける卵を繰り返し干し上げるというもので、人手も費用もかからず、在来種への影響もない駆除法として注目される。

卵の日干し.jpg


 ブラックバスは、在来の小魚を食い荒らし、生態系を乱す厄介ものとして、全国の湖沼や河川で駆除の試みが行われている。三春ダムでも、1998年の調査で、外来魚は7%だったが、2004年には52%にまで急増した。

 三春ダム管理所は、2007年から駆除方法の検討を開始。ブラックバスが産卵期を迎える5〜6月が、ダムの放水期と重なることに着目した。

 バスは水深1・5メートルより浅い場所を好んで産卵床を作る。そこで、これまでは約20日間の放水期に一定量を常時放水していたのを、1・5メートル以上水位を下げたところでいったん放水を停止。卵が干上がった状態で数日間おき、さらにバスが浅瀬に卵を産み付けるのを見計らって再び水位を下げることで、繰り返し卵を駆除するという作戦だ。

 ギンブナなどの在来種は、ブラックバスより深い場所で産卵するうえ、繁殖時期も異なるので、影響はほとんどないという。

 同管理所が効果を調べたところ、従来通りに放水した07年には、干上がった産卵床は40か所だったが、作戦を実行した08年には78か所、09年は90か所に増えた。

 産卵床1か所で平均3・4匹が成魚になることから、09年には300匹以上を駆除した計算だ。今年は6月8日までに計4回、水位を下げる。

 外来魚の駆除を研究するダム水源地環境整備センター(東京都)の大杉奉功上席主任研究員は「他のダムでも簡単にできるのがメリット。データを積み重ねれば、有効な駆除法として確立できる」と期待する。

(2010年5月30日19時42分 読売新聞)



(´-`).。oO(なかなか外道なやり方ですね・・・)
ラベル:外来種 駆除
posted by みずっち at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。