2010年06月23日

コロラドの男性、152キロのオヒョウを釣る

http://www.excite.co.jp/News/odd/E1276854956284.html

[米アラスカ州アンカレッジ 15日 AP] アラスカ州中南部のモンタギュー島で、コロラド州に住む男性が152キロのハリバット(オヒョウの一種)を釣った。もちろんこの地域で、今シーズン最大の獲物だ。

地元紙『The Anchorage Daily News』によると、コロラド州コニファーに住むアーロン・バスチャーさんは、レザレクションベイで行われたフィッシングダービーで、体長約2メートル20センチのハリバットを釣った。

スワードの波止場までこの巨大魚を引き寄せるのに45分間、かかったそうだ。

(2010年6月18日 エキサイトニュース)



(´-`).。oO(おひょう・・・!)
posted by みずっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

驚き! オレンジ色カエル

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201006180019.html

 薄いオレンジ色のオタマジャクシ5匹が周南市の長穂地区の田で見つかり、徳山動物園に届けられた。うち4匹がカエルになり、飼育員に育てられている。

オレンジ色カエル.jpg


 4匹は現在、いずれも体長約2センチ。遺伝子の突然変異による先天性色素欠乏症(アルビノ)のニホンアカガエルとみられる。市内の男性が見つけ、3日、オタマジャクシを同園に持ち寄った。

 動物園によると、アルビノのカエルは目立ちやすく視力が弱いため、自然の中ではサギやヘビなどに捕食されやすいという。

 動物園は現時点で一般公開は予定していない。飼育ケースの中を元気に飛び回っているという。飼育員の杉原祐二さん(32)は「水分や湿度の調節に気をつけ、うまく育てたい」と成長を見守っている。

【写真説明】徳山動物園で育てられている薄オレンジ色のカエル

('10/6/18 中国新聞)



(´-`).。oO(グミみたいですね・・・)
タグ:変色個体
posted by みずっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

北九州市で片足カエル46匹 ヤゴが食べた?原因調査へ

http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061801000907.html

 北九州市は18日、同市八幡東区を流れる板櫃川の約100メートルの範囲で、体長2〜3センチのツチガエル97匹を捕獲したところ、46匹に片足が無かったと発表した。ヤゴが食べたか、遺伝子異常や化学物質の影響などが考えられるが、人為的に切られた可能性はないという。

 市は発見現場付近の水と泥を分析しており、7月には専門家らで構成する検討委員会を設置して原因究明を進める方針。

 市の環境分野顧問の小野勇一・九州大名誉教授(動物生態学)は「狭い範囲内でこれだけ高確率で異常が見つかるのは大変珍しい」としている。

 市によると5月8日、市立自然史・歴史博物館に市民から「足のないカエルを捕まえた」と情報提供があった。学芸員が3日かけて捕獲したカエル90匹を調べたところ、45匹の後ろ足の片方が完全に無かったり部分的に欠けていた。

2010/06/18 20:10 【共同通信】



(´-`).。oO(両親がともに片足がなかったんじゃ・・・)
posted by みずっち at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。